どうなの⁉夫婦でベトナム移住って

異国で住む・働く・遊ぶ・育てる。家族でつづる旅と日常の間。実験的日本脱出記&雑記

ベトナムビジネス

連続ブログ小説「健康で文化的な最低限度の通勤」第4話~ドライバーのために引越し?ドライバーのために働き方改革?~

電車のないベトナムでは、安全にかつ安定的に通勤できる手段を得るのに苦労します。本シリーズでは、わたし(よめ)が2年を通して、ベストな通勤手段を得るために奮闘した記録をお届けします。ベトナムの交通事情はもちろん、ベトナム人との交渉ノウハウ、…

連続ブログ小説「健康で文化的な最低限度の通勤」第3話~予約は予定、予定は未定、約束の意味なし~

電車のないベトナムでは、安全にかつ安定的に通勤できる手段を得るのに苦労します。本シリーズでは、わたし(よめ)が2年を通して、ベストな通勤手段を得るために奮闘した記録をお届けします。ベトナムの交通事情はもちろん、ベトナム人との交渉ノウハウ、…

連続ブログ小説「健康で文化的な最低限度の通勤」第2話~往復昼寝・朝ごはん付きタクシー~

電車のないベトナムでは、安全にかつ安定的に通勤できる手段を得るのに苦労します。本シリーズでは、わたし(よめ)が2年を通して、ベストな通勤手段を得るために奮闘した記録をお届けします。ベトナムの交通事情はもちろん、ベトナム人との交渉ノウハウ、…

カメトーーク!パクりたいー1(イチ)グランプリ 亀田製菓もビックリなソックリお菓子

ベトナム在住の方はよくスーパーで見かけるお菓子。 亀田製菓のベトナム企業との合弁会社である THIEN HA KAMEDAから発売されているお菓子。「ICHI」について。 日本の「歌舞伎揚げ」や「ぼんち揚」に似たような懐かしい味で、なおかつベトナム人が好きなハ…

連続ブログ小説「健康で文化的な最低限度の通勤」第1話 ~渋滞ノイローゼ。満員電車ならぬ満車道路~

電車のないベトナムでは、安全にかつ安定的に通勤できる手段を得るのに苦労します。本シリーズでは、わたし(よめ)が2年を通して、ベストな通勤手段を得るために奮闘した記録をお届けします。ベトナムの交通事情はもちろん、ベトナム人との交渉ノウハウ、…

ベトナムの街並み「雑貨屋の中で麺料理を提供してるのか!?レストランで靴とカバンを売っているのか!?」

ここはハノイ市ホアンキエム区。 ハノイの旧市街の中でも一等地の観光スポットです。 家賃もかなり高騰しており、各店舗小さな面積で利益を上げようとがんばっています。 が、がんばりすぎの店を発見。 ん??? 一見、バッグと靴が目に付きますが、よく見る…

『仁義なきベトナム・マーケティング戦争 03』

「我が社は危機に直面しています。」社長から突如告げられる。 学生のサポート係をお願いしていたフリーの人材が、学生、社員を根こそぎ引き抜いて会社を立ち上げようとしている、と。 マジか。。てか、なんでそうなるまで相談しない。。 「こうなったら、奴…

『仁義なきベトナム・マーケティング戦争 02』

とある休日。競合の集客イベント視察。 文化祭的な規模だろうとなめていたところ、300人強収容可能な会場がほぼほぼ埋まる盛況ぶり。 さすがに歴史もお金もある会社だと感心していると、スタッフが 「半分くらいはサクラですよ この政治家が写ってる写真と今…

『仁義なきベトナム・マーケティング戦争 01』

会社での会議。テーマは集客。 弊社の集客施策は、ベトナムではおなじみのFacebookへのポストか友達、親戚筋を伝っての動員。 各スタッフがいくつもFacebookアカウントを持ち、関連ポストを上げ、別アカウントでイイネ、コメントする自作自演。 果ては、これ…

待望のベトナム国産車の誕生・2

期待を込めてウォッチしているベトナム初の国産車誕生の経緯。 車のコンセプトデザインが発表されました。 ITAL DESIGNを始めとした、ヨーロピアンな攻めたデザインとなっています。クーペやSUVが中心。 デザインやコンパクトカーがラインナップからされてい…

ハノイのあったか朝ごはん 屋台のおかゆ 雨が降っても公安局が来てもかならず定位置に返り咲く

私のライフワークでもあるベトナムの朝ごはん探検。今日は移動販売のお粥です。 以前ご紹介したバインミー・バインバオ・バインクン・バインゾー・とうもろこし・おこわのように、自転車やバイクで籠やザルで運んできます。また加熱器具も一緒に屋台を引っ張…

初めてのベトナム出張でも大丈夫 ビジネスで使えるハノイのホテル3選

仕事において、出張先のホテル選びほど非生産的な時間はないかもしれません。 ということで、ベトナムに関わるビジネスマンの生産性向上をめざし、出張で使えるおススメホテルをご紹介します。 言葉の心配がない日本語で対応できるホテルです。 クレタケ イ…

ベトナム人も日本人も西洋人も通うベトナムNo.1ピザ!Pizza 4P's ハノイ2号店(個室も予約できる)

「ベトナムで美味しいピザを食べよう!」と考えるのは間違いなく在住者ですね。 観光目的でもお勧めしたいくらい美味しいピザレストランがあるんです。それが日本人経営の「Pizza 4P's」です。(経営者は元サイバーエージェントという異色の経歴。ベトナム起…

現地の仕事事情は現地一次情報から得る~おススメベトナム人材紹介会社集~

週末は転職日和。 余裕のある時間で働き方、生き方について考える方も多いのではないでしょうか。 海外移住について考えてみるのはどうでしょう。 移住を実現するには、現地での仕事が必要です。悠々自適のリタイヤ組や流行りのノマドワーカーを除いては。 W…

待望のベトナム国産車の誕生か

不動産会社が自動車を作るというニュース。 以前ご紹介した巨大財閥ビングループです。 一企業式典なのに首相が参加。どれだけ、このトピックが大きいかがうかがえます。そこで、首相が述べています。「国産車を造るプロジェクトは愛国的で尊敬に値する画期…

軽くて安くてお土産に最適! ベトナムすぎない普通においしいスーパーのスナック菓子

ベトナムに来たら何をお土産に買って帰りましょう? 空港で売っているような高いクッキーやナッツでしょうか?または現地スーパーでも安く売っているインスタントコーヒーでしょうか? 地方の特産品も色々と売っていますが、甘すぎる砂糖漬けや干物などは日…

PCスキルは高いが、メリットの伝え方が直接的すぎる。でもそれがいいの?ベトナム流マーケティング

私は今、ベトナム人が社長のローカル企業で働いています。 いっしょに働くベトナム人は、英語も日本語もどちらも片言。基本的なコミュニケーションは、日本語を話せる社長を通して行いますが、私が日本人の担当をし、ベトナム人はベトナム人の担当をするので…

東南アジアの路上屋台ってぶっちゃけどれだけ儲かるの? 計算してみた

ベトナム路上に見る街場の経済学 東南アジアと言えば、こういう光景を真っ先にイメージされる方も多いと思います。 路上でプラスチックのテーブルと椅子を設けて、ジュースや菓子を提供するスタイル。 既製品を買ってきて、道端で売る。何の努力も工夫もない…

「働き方改革」について、ベトナムの働き方から考えてみる

ベトナムの働き方 ベトナムでは、サービス残業という概念がありません。まず、残業がほとんどありません。たまに発生した場合は、残業代が発生します。 「お前の技術が未熟で時間内にできていないのだから、残業代は出さない」という古き良き日系企業らしさ…

Facebookを制する者はベトナムビジネスを制する

Facebook離れが言われるようになって久しい日本ですが、 ここベトナムでは、Facebookこそが、メディアの頂点に君臨しています。 ベトナムでは、完全にインフラとして定着してると言っていいでしょう。 いろいろな使われ方があります。 コミュニケーションツ…

外国人技能実習生、留学生・・・外国人材受入の課題と提言

現在私は仕事で、日本で就労、もしくは就学したいベトナム人材の日本語教育及び、日本への紹介に携わっています。 深刻な人手不足を抱えつつも、外国人労働者の受入には、消極的な日本。単純労働の職種に携わる人には、労働ビザを交付されないまま外国人技能…

残念なコンビニの運営はベトナムの巨大企業グループ

今年になって初めてセブンイレブンがベトナムに出店しました。これでファミリーマート、ミニストップを含めて3つが上陸したことになります。 とはいえ、外資の規制が厳しいベトナム。それぞれが片手で足りるくらいの店舗しかないので、他のASEAN諸国に比べて…