どうなの⁉夫婦でベトナム移住って

異国で住む・働く・遊ぶ。夫婦でつづる旅と日常の間。実験的日本脱出記&雑記

リスクが低いのにベトナムで起業しにくい理由は

個人で始めるスモールビジネスの話です。

物価が低く、起業のコストとリスクが圧倒的に低いベトナムに住んでいれば、誰しも一度は“自分でビジネスをやってみたい”と考えるかもしれません。

ましてやいまいちなサービスの多いこの地において、チャンスの山を目の当たりにすれば、より一層“自分なら”という気持ちも掻き立てられるものです。(ちなみに私はこの思いを抱き続けてくすぶっているサラリーマン)

しかし、参入障壁が低いにもかかわらず、なかなか一歩が踏み出せないのも事実。理由はいくつかありますが、大きな理由の一つが、情報の少なさ。なんでもインターネット調べられる世の中ですが、いかんせんここはベトナム。言葉が分からないのです。

ビジネスの定石として、確度の高い情報を集め、仮説を構築し、事前のリスクを減らしていくべきなのに、それができない。自身で一次資料に当たれないから。本当かどうかを比較検討、検証するすべがないため、手前の段階で足踏みしてしまうのです。たまたま日本語で役立つ情報を見つけたとしても、同じようなことを書いているものをもう2つ3つ見つけて安心しておきたいですが、それもできません。

一番いいのは、コンサルにたずねることでしょう。ただ、まだ構想段階のアイデアをもって、その扉をたたくのは気が引けるもの。交流会などで知り合った人がコンサルだったとしても、通常フィーの発生するような内容を厚かましく聞くこともまた気が引けます。

しかし、先日たまたま仕事関係でコンサルに相談に行く機会に恵まれ、かねてより関心のあったテーマを聞くことができました。

(おっと)