どうなの⁉夫婦でベトナム移住って

異国で住む・働く・遊ぶ。夫婦でつづる旅と日常の間。実験的日本脱出記&雑記

残念なコンビニの運営はベトナムの巨大企業グループ

今年になって初めてセブンイレブンがベトナムに出店しました。これでファミリーマート、ミニストップを含めて3つが上陸したことになります。

とはいえ、外資の規制が厳しいベトナム。それぞれが片手で足りるくらいの店舗しかないので、他のASEAN諸国に比べてまだまだ数が少ないです。

しかも、すべての出店がホーチミンで、ハノイには1店もありません。まずは、商業都市ホーチミンで成功させてから、一気に全国展開という戦略なのでしょう。ハノイは首都なのに。

というわけで、ハノイに急速に店舗を増やしているのが、ベトナム資本のVinMart。日本人の目から見ると、なんともあか抜けず、品ぞろえもいまいちですが、実はこのVinグループとてつもなく大きな財閥。

主には、不動産の開発を手広く手掛け、ベトナムの人の憧れの暮らす、遊ぶをかたちにしています。彼が開発したマンションやリゾート地は、人気を集め、まさに一人勝ち。ベトナムの長者番付の上位には、いつもVin一族がランクインしています。

うなるほど金があるのに、先進国のグローバルスタンダードをクリアしていないところが、残念であり、愛おしくもある。

オレにコンサルさせてくれたらなぁと、適当なことをつぶやく昼下がりです。

f:id:ChopsticksLR:20170811011109j:plain

(おっと)

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村