どうなの⁉夫婦でベトナム移住って

異国で住む・働く・遊ぶ。夫婦でつづる旅と日常の間。実験的日本脱出記&雑記

意外とどこでも食べられるオムソバ☆ ハノイの和食レストランSushi Bar

ハノイにはKim ma通り、Linh lang通り、Xuan Dieu通りなど、たくさんの日本食レストランが立ち並んでいます。
大体多いのは「寿司・刺身」をメインに掲げているお店です。
そんな居酒屋風のお店でも、肉・魚の定食や、うどん・そば・丼・カレーといったメニューもおいています。
ベトナム料理に飽きた時、自炊がしんどい時は夫とよく日本食レストランへ足を運びます。

そこで気になるのは「オムライス・オムソバ」の文字。日本では喫茶店や洋食レストランなら置いている場合が多いと思いますが、
ここハノイではなぜか「オムソバ」が多く目につきます。しかもメニューにはオムライスがなくてまず「オムソバ」!
私はオムソバが好きなので、わりとどこでも注文します。ちゃんと中華麺と蕎麦を間違えずに使っていますし、味もけっこう美味しい店が多いです。

f:id:heath911:20170918101602j:plain

 こちらは和食チェーンレストラン「Sushi Bar」のオムソバです。ご丁寧にマヨネーズまでかかっており、かなりボリューミーです。食べきれなかったらお持ち帰りもさせてくれます。「衛生面の責任が持てませんので・・・」とか絶対に言われません。

具材は豚肉・エビ・イカ・野菜と盛りだくさん。焼きそばソースもしかり絡んでいて濃厚な味わいです。卵もキレイな薄焼きでサラダ付きです。
ただ、なぜか味噌汁がついてくる店が多いのですが、関西人の私でも麺&定食は抵抗がありますし、この味付き麺+味噌汁の塩分コンビはしょっぱいので残します。

たまの外食なので連続でオムソバの場合もあるのですが、飽きたらオムライスに変えたいところ。そこで勇気を出して「オムライスありますか?」と聞くと必ずやってくれます。
間違ってご飯を焼きそばソースで炒めたりしていません。「オムライス」という単語を知らないウェイトレスに「卵の中にご飯を入れてください」と説明すると、
ちゃんとしっとりケチャップご飯になっています。白ご飯をそのまま包んでいません。

でも元々、オムライスしかない日本食レストランで「オムソバください」って言ったら、蕎麦をケチャップで炒めたものが卵の下敷きになっている可能性があるので注意しましょう。憶測ですが。
(よめ)

 Sushi Bar 2

住所:51 Xuân Diệu, Tây Hồ(51番地スアンジゥ通りタイホー区)
※シレーナショッピングセンター内1階

店舗情報