どうなの⁉夫婦でベトナム移住って

異国で住む・働く・遊ぶ。夫婦でつづる旅と日常の間。実験的日本脱出記&雑記

ベトナムでバイクがパンクした時の対応まとめ

パスポートの紛失やスリ、ボッタくり、予約していたはずのホテルが取れていなかった。。。など旅にトラブルは付き物ですが、あらかじめトラブルを想定し、対応策を準備しておけば、慌てることはありません。

 

今回は、ベトナムでバイクがパンクしたときのトラブルシューティングです。もちろん、旅のトラブルとしてはかなりレアケース。そんなレアケースもきちっとカバーするのも本ブログの務め、とばかりに対応をまとめてみました。(別にまとめじゃないけど)

 

1.Sua Chuaという言葉を探す

「修理」という意味です。ハノイにおいては、日本のコンビニ並みに多いので、すぐに見つけられるでしょう。看板右の「PETROLIMEX」は、地場の石油会社。

f:id:ChopsticksLR:20170911232810j:plain

 

2.パンクした方のタイヤを指差す

「分かった、分かった」と、状況確認もそこそこに作業に取り掛かります。私の行きつけのお店は、夫婦でやってくれます。

f:id:ChopsticksLR:20170911232842j:plain

 

3.20分ほど待って支払い

価格は100円~250円ほど。今回はチューブまで交換したので、400円ほどしました。

f:id:ChopsticksLR:20170911232911j:plain

職人の工具箱。作業は雑ですが、きちんと直してくれます。

f:id:ChopsticksLR:20170911233031j:plain

この時は、ブレーキまで手入れされてて、かなり効きがよくなっていました。いつも通り踏んだら、前のめりになるほど。言っといてくれ!

 

こういう修理店は、基本的に近所の人しかいかないので、外国人が行くと、「よう来たな、自分」と喜ばれます(関西出身なので、ベトナム語も関西弁風に聞こえる)。

「韓国か?中国か?」聞かれ、「日本」と答えると、また喜ばれる。

ベトナムにいると、日本人は甘やかされて育ちます。

 

困っているときほど、まかしとけ、とばかりに、ちゃっちゃと直してくれるので、とても頼もしく、ありがとう!と心から思います。

 

故障の際には、ぜひお近くの、ほっとステーションへ。

 

(おっと)

 

↓ 人気のベトナムブログ、ハノイブログはコチラ

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ