どうなの⁉夫婦でベトナム移住って

異国で住む・働く・遊ぶ。夫婦でつづる旅と日常の間。実験的日本脱出記&雑記

昼の食事会に大人気 ローカルの鶏肉なんでも料理店 

社員との親睦を深めるための飲み会や食事会は日本で夜が一般的ですが、ベトナムでは特に金曜日のランチ時、「週末だしパーティーしよう!」と昼に飲み会が行われる事が一般的です。

なぜかというと社員の多くは家庭をもっており夜は早く帰りたいのです。20代後半なら半分以上が子育て世代であり、家庭第一主義のベトナムでは昼の飲み会が珍しくありません。

今日ご紹介するのは会社の近くにある鶏肉料理の店です。

メニューは専ら鶏肉のなにがしか。ここは味がよくリーズナブルでいつもベトナム人で賑わっています。

これはレバーと筍の塩炒め。筍は細いもので、よく鴨やアヒルなどの鶏料理と一緒に食べられています。

f:id:heath911:20170919200322j:plain

 これはベトナム語でスースー(Su su)という、隼人瓜のつるを炒めたもの。にんにくと塩気がよく合います。

f:id:heath911:20170919200400j:plain

そしてメインのから揚げ。「ガーザンムイ(Ga rang muoi)」という揚げてから塩と香草とからめる食べ方です。鶏の全身が入っているので、食べにくい部位はベトナム人に任せましょう。手づかみでしゃぶりついて食べてみせるとベトナム人は親近感を抱いてくれます。

f:id:heath911:20170919200338j:plain

 こちらはタレで焼いたもの。ヌクマムの甘辛い味です。 

f:id:heath911:20170919200420j:plain

そしてシメは春雨麺。スープではなく麺メインで食べます。私の統計ではあまりベトナム人はブンほど春雨が好きではない様子。。。

f:id:heath911:20170919200436j:plain

もう一つのシメは、おこわです。鶏だしがたっぷりしみ込んだものに、白いごま塩ピーナッツをかけて食べます。この頃にはお腹パンパンです。

f:id:heath911:20170919200508j:plain

 ローカル店ですが、骨付き肉の食べにくさと店の空調の弱さを我慢すれば美味しいローカル鶏肉料理を堪能できます。

(よめ)

 住所:Cốm Vòng, Cầu Giấy(番地コムヴォン通りコーザイ区)

 

↓ 人気のベトナムブログ、ハノイブログはコチラ

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ