どうなの⁉夫婦でベトナム移住って

異国で住む・働く・遊ぶ・育てる。家族でつづる旅と日常の間。実験的日本脱出記&雑記

ベトナムの産婦人科、海外での妊婦生活 ⑤胎児ドッグ(胎児超音波検査)と出生前診断(血清マーカー:ダブルテスト)

 このシリーズは、ベトナムハノイで妊娠が発覚してから日本で出産し、またベトナムへ赤ちゃんを連れて帰るまでの記録です。日本とベトナムを行き来するママさん・プレママさんの参考となれば幸いです。

[:contents]

前回の記事↑で記述した超音波検査や出生前診断について、もう少し掘り下げて書いてみたいと思います。

その他、妊娠12週目に超音波による胎児の精密検査や染色体異常の血液検査を受けることができました。(これはダブルテストと呼ばれ、13.18.21番目の遺伝子を調べる検査です)

 

胎児ドッグ(胎児超音波検査)とは

胎児ドックとは | genetech.co.jp

日本では通常3回行うようです。(10~13週、18~20週、28~31週)私がビンメッククリニックからビンメック総合病院に変更させられたのは、ちょうどこの1回目にあたる12週の時でした。クリニックは着床や心音確認以上はせず、婦人科や小児科のような役割みたいです。調べる項目は下記の通り。思わず技師さんと一緒に画面に食い入るように見てしまいます。通訳さんも逐次通訳してくれますので安心です。

全身の形態、脳や顔の構造、大まかな心臓の構造、腹部、膀胱、臍帯、四肢の確認など

 
母体血胎児染色体検査(新型出生前診断:NIPT)とは?

 これは、妊婦さんから20mlの血液を採取し、血液中を浮遊しているDNA断片を分析することで、赤ちゃんが21トリソミー・18トリソミー・13トリソミーであるかどうかの可能性を検査するそうです。

(トリソミー:染色体が3本ある、21:ダウン症候群、18:エドワーズ症候群、13:パトー症候群)

母体血清マーカー試験にはトリプルマーカー試験やダブルマーカー試験があります。今回はダブルマーカーの方をされたようです。

普通に腕から採血されるのと同じで、さほど痛くもなく何も準備は必要ありません。ただ、このような試験は日本では色々な制限があり簡単には受けられないようです。

 

日本での出生前診断の対象者、日本では20万円...
  • 高齢妊娠の方(分娩予定日に35歳以上の方。凍結胚による妊娠の場合は、採卵時の年齢が34歳2ヶ月以上の方)

  • 過去に21トリソミー・18トリソミー・13トリソミーのお子さんを妊娠あるいは分娩したことがある方

  • 赤ちゃんが21トリソミー・18トリソミー・13トリソミーをもつ可能性の上昇を指摘されている方(超音波検査や母体血清マーカー検査などで可能性の上昇を指摘されている場合や、ご夫婦のいずれかが上記染色体にかかわる転座保因者である場合など) 

ただし、この条件をクリアしても費用は20万円程度かかるようです。私は覚えてないくらいビンメックで安く受けられました。1~2万前後とかだったような・・・

あとは、上記の対象以外の人が日本国内で受ける方法はもあるようです。

一般的なNIPTの場合は先述の通り35歳以上しか受診できませんが、「Serenity」という出生前診断であれば年齢を問わず受診できます。

 

日本国内では東京の八重洲セムクリニックと大阪の奥野病院の2箇所しかありません。

 

出生前診断は病院で検査を行うのではなく、外資系の検査機関に委託するため、どの病院でもほぼやり方は同じになります。そのためほとんどの病院での価格も同じで、20万円前後になるからです。

このような受診の難しさを知らず、第一子の妊娠からここハノイで出生前診断を受けた日本人プレママさんは意外と多いと思います。海外妊娠生活はリスクが何かとありますが、35歳未満ならこれは恵まれた環境かと思います。(ちなみに私も当時は日本の対象者に当てはまらない妊婦でした)

 

胎児の精密検査が信頼できる→不妊治療も進んでいる

また、こちらの病院では不妊治療も積極的に行っているそうで、ベトナム人も外国人もたくさんの妊娠出産例があると聞きました。

 私たちは今回たまたまは治療にお世話にならずに定期健診のみ利用しました。しかし、いつお世話になるか分かりませんし充分に可能性があります。日本で休職して辛い不妊治療に高額の治療費を費やしてらっしゃる方など、一度こういった海外での不妊治療にもアンテナを張ってみると、何か人生が変わる可能性もなくはない・・・のかな?と思ったりもします。

ただそのために移住するにはリスクが大きすぎますが、そんな時は我々Vietijuu夫婦を訪ねて下さい。ローカル生活ならサポートは少しならお役に立てそうなフェーズに近づいている・・・かも・・・?です。

 

⑥へ続く

(よめ) 

 

 

↓ 人気のベトナムブログ、ハノイブログはコチラ

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ