どうなの⁉夫婦でベトナム移住って

異国で住む・働く・遊ぶ・育てる。家族でつづる旅と日常の間。実験的日本脱出記&雑記

ダラット旅行記②人気ホテル:アナマンダラリゾートその1(客室・プール・施設)

新型コロナウイルスの市中感染を見事に抑えたベトナムでは、5月から通常の経済活動が再開し、6月には国内旅行のキャンペーンが続々と打ち出されました。我々「おっと・よめ・こども」で、7月のコロナ再発騒動の前に運よく旅行をすることができましたので、こちらにシリーズとしてまとめていきたいと思います。
まだまだ夏休み本番で旅行計画中だった人も多いようで、早く終息することを願います。。。

 


ダラットの魅力を調べてみると、やはり泊まってみたいのがフレンチヴィラ。

今回私達が選んだのは、植民地時代に広い敷地に建てられた家を改装してホテルリゾートにした「アナマンダラ ヴィラズ ダラット リゾート&スパ」です。

 

f:id:heath911:20200807073523j:plain

ホテルの敷地全体にアンティークな統一感がありフランスの田舎に来たよう

ロビー・フロント

前回の記事のアクセスで、シャトルバス降り場から10分もかからない距離をタクシーで走ると。急な坂道に入ったところでホテルの入り口が見えます。

少し高級なキャンプ場の様な、オープンエアな建物にフロントがあります。

f:id:heath911:20200807073721j:plain

スタッフのいるフロントは独立した建物。全ての施設が平屋か2階まで。

ここでチェックインをしながらホテルのイメージビデオが観られます。

様々なアクティビティがあることや、自然に囲まれたこの風景だけでもテンションが上がりました。

f:id:heath911:20200807073824j:plain

タクシーがロビー棟に着くと、あたたかいお茶で迎えてくれます。

この時は6月ということもあって、ベトナムでどこでも格安のサービスが受けられました。ホテルの宿泊料ももちろんですが、ここではディナーや料理教室、スパ、ツアーなどもセットでお安くなっていたようです。

f:id:heath911:20200807073919j:plain

ディナー、ツアー、スパなど、あらゆるホテル内のサービスに割引がありました。

我々は、市内ツアーとディナーをセットで申し込むことにし、到着してすぐアフタヌーンティーも堪能しました。 

 

客室(ヴィラ)

フロントからは数台のカートがあり、ガタガタと揺れる道を下ってそれぞれの客室へと移動します。

歩いても2~3分の距離ですが、客室からフロント・レストランへは上り坂となるため、内線で呼ぶといつでもカートを手配してくれます。

f:id:heath911:20200807074109j:plain

私達が泊まったヴィラスイーツ(3人部屋)です(一階部分)。

一軒家をそのままホテルの4室にあてているため、まるでホームステイ気分。

しかし中はキッチリと区切られているため、他の宿泊客と顔を合わせることはありませんでした。私達は1階部分に泊まりましたが、2階部分の人は写真左側の坂の上にある2階の玄関から入っていくようです。

さて部屋に入ろうとドアの横を見ると、目を引く不思議なオブジェが。

f:id:heath911:20200807075629j:plain

目を閉じている=(Don't disturb:邪魔しないで→お掃除結構です)

f:id:heath911:20200807075257j:plain

目を開けている=お邪魔してください(お掃除お願いします)

伝統を感じさせる雰囲気と遊び心のギャップにキュンとしてしまいました。

そして楽しみのお部屋の中です。

f:id:heath911:20200807080300j:plain

入ってすぐのところは書斎として利用できる1部屋分のスペースが

ベトナムでは少ないフローリングの床に、大きなチェストと、アンティークな書斎スペースがありました。荷物を置いても子供が走り回れるほどゆったりしています。

f:id:heath911:20200807080748j:plain

玄関の内側。装飾がシンプルなのもフレンチな感じ。

玄関を内側から見た図です。大きな窓が光を採り込み、左に見えるリビングとの間にドアがないため非常に開放的なお部屋です。

f:id:heath911:20200807083838j:plain

ベッドサイドからリビングまでの大きな窓には、庭や向かいの山まで一面が緑。

 雨が多く結果的にお部屋でのんびりする時間が長くなったので、ダラットではお部屋選びが重要だと感じました。

f:id:heath911:20200807073201j:plain

天蓋付きベッドを思わせる、白い蚊帳と清潔なリネンのキングサイズベッド

f:id:heath911:20200807084112j:plain

窓辺にあるミニソファ

f:id:heath911:20200807084308j:plain

テレビ台の下は、バーカウンターと冷蔵庫

f:id:heath911:20200807085122j:plain

テーブルの上の蒸留水は無料で毎日いただけます。

ヨーロピアンな造りが一番あらわれていると思うのがバスルームです。

f:id:heath911:20200807084407j:plain

ユニットバスは猫足のバスタブ

f:id:heath911:20200807084540j:plain

立派な洗面台が2つ。なかなか夫婦同時に使うことはない。

f:id:heath911:20200807084645j:plain

シックなデザインのアメニティ、バスルームの棚まで木製アンティーク

f:id:heath911:20200807084822j:plain

お洒落に吊るされたバスローブと、バスタオル掛け

f:id:heath911:20200807084919j:plain

同じバスルームに仕切りの無いサブシャワー

f:id:heath911:20200807085010j:plain

シャワー2つ、洗面台2つ、でもトイレはさすがに1つ。便座と便座カバーも木製に。

 ドアは一枚で、中のトイレと洗面台・バスタブ・シャワースペースが全て仕切りなく同じ部屋となっているため、子供とはいいですが夫婦でも同時にはなかなか使いにくいです(笑)

あとは、エアコンがないため、換気はドアを開けるか扇風機のみ。虫が嫌いで湿度にちょっと敏感な私は手洗いの洗濯物が乾きにくいなど、若干の不便さは感じました。

しかし開放的な広々とした部屋でバスタブに浸かると、ああ旅行に来たんだなと思えて幸せも大きかったです。

 

プール・ジム・キッズスペース

f:id:heath911:20200807085329j:plain

25mほどのプール。24時間自由に入れます。

f:id:heath911:20200807085536j:plain

奥の建物がバーカウンター。朝8時から夜8時まではスタッフがいます。

ハノイからせっかく水着を持っていていたので、寒い気温の中なんとか1回だけ入れました。午後から長時間の雨が降る雨季に来てしまったため、午前中の晴れ間だけがチャンスです。

9時頃には強めの太陽が顔を見せたかと思うと、10時には曇ってきてしまい小雨が降り出して慌ててこどもを引き上げました・・・。「山の天気は変わりやすい」というのを身をもって実感しました。

 

f:id:heath911:20200807085720j:plain

スポーツジム

f:id:heath911:20200807090128j:plain

木製がマッチするビリヤードスペース

f:id:heath911:20200807085912p:plain

キッズ用のプレイルーム

 

レストラン

f:id:heath911:20200807090301j:plain

敷地のちょうど真ん中の建物が1軒まるままレストラン

朝食・ランチコース・アフタヌーンティー・ディナーコースなど朝からずっと営業してくれます。ルームサービスもここから各ヴィラへ届けてくれます。

 

その他サービス

f:id:heath911:20200807090544j:plain

ホテルが手配した半日ツアー1日ツアー(グループまたはプライベート)

その他、スパ、カラオケなどもありました。

アクセス

 市内の中心ではないため、静かで落ち着いています。山の上にあるような景色が楽しめますが、中心地へは車で10分もかかりません。

こんなにアクセスがよく、さらに静かで落ち着けるホテルはなかなか少ないでしょう。

その他にも、フェイスブックなどで探すと個人経営のペンションも非常に多く見つけられます。

施設にお金をかけるか、観光にお金をかけるか、おしゃれな景色を選ぶか、いろいろなパターンでダラットの宿泊先を探してみるのも楽しいものです。

次は、ホテルのレストランサービスの詳細 です。

 

(よめ)

 

↓ 人気のベトナムブログ、ハノイブログはコチラ

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ