どうなの⁉夫婦でベトナム移住って

異国で住む・働く・遊ぶ。夫婦でつづる旅と日常の間。実験的日本脱出記&雑記

初めてのベトナム出張でも大丈夫 ビジネスで使えるハノイのホテル3選

仕事において、出張先のホテル選びほど非生産的な時間はないかもしれません。

ということで、ベトナムに関わるビジネスマンの生産性向上をめざし、出張で使えるおススメホテルをご紹介します。

 

言葉の心配がない日本語で対応できるホテルです。

クレタケ イン キン マー 132(Kuretake Inn Kim Ma 132)

価格、部屋のクオリティなどの点で日本人ビジネスマンに最も適しており、真っ先選ぶべきホテルです。日本食屋が軒を連ねるエリアにもタクシーで5分ほどでアクセス至便。

2016年オープン。東横インなど、日本人がイメージするビジネスホテルに一番近いホテルです。日本でホテルチェーンを有しているので安心です。

 

 クレタケ イン キン マー 132(Kuretake Inn Kim Ma 132)

f:id:ChopsticksLR:20171004112446j:plain

 

サクラ ホテル(Sakura Hotel)

クレタケインと同じくキンマ(Kim Ma)エリア。キンマエリアだと、クレタケインとサクラホテルこの2つのホテルがおススメ。

 サクラ ホテル(Sakura Hotel)

 f:id:ChopsticksLR:20171004112844j:plain

 

チェリー ホテル 2(Cherry Hotel 2)

キンマ(Kim Ma)エリアの次に日本食屋が多いハイバーチュン(Hai Ba Trung)エリア。日系の企業が多く集まるフンイェン(Hung Yen)、ハイズン(Hai Duong)エリアの工業団地へのアクセスがいいのがポイント。

チェリー ホテル 2(Cherry Hotel 2)

 f:id:ChopsticksLR:20171004112954j:plain

 

 

おまけ1

レニッド ホテル トー ニュオム(Lenid Hotel Tho Nhuom) 

2016年オープン。日本語対応ではありませんが、比較的日本人の利用が多いホテル。スタッフによっては、日本語を話せます。ハイバーチュン(Hai Ba Trung)エリアに1号店あり。

レニッド ホテル トー ニュオム(Lenid Hotel Tho Nhuom)

 f:id:ChopsticksLR:20171004113111j:plain

 

おまけ2 会社のVIPが来られるとき

お金を出せば高級ホテルはいくつもありますが、ここでは日本のビジネスマンが利用されるという目的に絞ってピックアップします。

ホテル ニッコー ハノイ(Hotel Nikko Hanoi)

言わずと知れた日航ホテル。ホーチミンの日航ホテルと比べると、築年数が古く、快適さは劣りますが、ブランドの力は十分。

ホテル ニッコー ハノイ(Hotel Nikko Hanoi)

f:id:ChopsticksLR:20171004112050j:plain

 

 

シェラトン ハノイ ホテル(Sheraton Hanoi Hotel)

こちらもハノイでは老舗に入ります。もっとラグジャリーなホテルはありますが、大使館主催のレセプションが開催されるなど、格式という点では一番。何より、今年天皇陛下訪御越の際、御宿泊されたことがそれを証明しています。

シェラトン ハノイ ホテル(Sheraton Hanoi Hotel)  

f:id:ChopsticksLR:20171004112226j:plain

 

  

快適な出張ライフをお過ごしください。

 

(おっと)

 

↓ 人気のベトナムブログ、ハノイブログはコチラ

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ