どうなの⁉夫婦でベトナム移住って

異国で住む・働く・遊ぶ。夫婦でつづる旅と日常の間。実験的日本脱出記&雑記

Facebookを制する者はベトナムビジネスを制する

Facebook離れが言われるようになって久しい日本ですが、

ここベトナムでは、Facebookこそが、メディアの頂点に君臨しています。

ベトナムでは、完全にインフラとして定着してると言っていいでしょう。

いろいろな使われ方があります。

f:id:ChopsticksLR:20170824015655p:plain

コミュニケーションツールとして

親しい人同士のやりとりで使われることはもちろん、

恋人たちが出会うきっかけにもなっているいるようです。

(時には不健全な出会いにも)

とにかく、「知り合いかも?」の提案は、迷わず「友達リクエスト」が常識。

見ず知らずの人からのリクエストがやたらと来ます。

最初は、日本の常識に照らして不審がってましたが、

あまりの多さにそれが怒りに代わるようになりました。失礼なやっちゃと。

普通の人が友達1,000人とか、よくあります。怪しい商法をしてる人ではありません。

目をつぶって片っ端から、友達リクエストを送れるようになれば、

あなたも立派なベトナム人です。

 

ネット通販として

ベトナムには、Amazonも楽天もありません。

その代わりになるのが、Facebook上の小売店舗。

副業として手掛ける人が多いようです。

Facebook上での市場が大きくなりすぎて、ベトナム政府も今年から、

ネット通販にも課税する法律を施行するようになったようです。

どこまで、税金を取れるか分かりませんが。

 

ニュース代わりの情報収集の場として

ご存知ベトナムは共産国家。

TVのニュースと言えば、国営メディアの政府寄りのものが基本。

国民は信頼していません。

そのため、Facebookで拡散されるニュースから情報を得るようです。

中には、フェイクニュースも含まれているため、

デマがまことしやかに信じられていることもあります。

 

広告媒体として

B to Cビジネスで成功を収めるには、Facebookでのプロモーションは必須です。

いかに、イイネ、フォローを得るかが成功の条件となります。

例えば、私が仕事で携わっている日本語教育についてですが、

Facebookには、役立つ情報を発信している個人やグループ、会社が山ほどあります。

そこでの勝者がより多くの顧客を獲得することになります。

 

就活の場として

求人情報もやはり、Facebookです。

日本だと、Facebookで求人しているような会社は、なんだかカジュアルすぎて、

大丈夫かと身構えてしまいそうですが、ベトナムでは当たり前。

お金をかけずに募集できるので合理的です。

 

などなど。

 

以上は、Facebookの主な使われ方になりますが、

まだまだいろんな使われ方があります。

およそ大概のことは、できると考えておいてよいでしょう。

 

ちなみに、私の務める人材会社では、応募者とのコミュニケーションがFacebookなので、社員が仕事をしているのか、友達とチャットしているのかが、判別できません。

f:id:ChopsticksLR:20170824102924j:plain

 

 (おっと)