どうなの⁉夫婦でベトナム移住って

異国で住む・働く・遊ぶ・育てる。家族でつづる旅と日常の間。実験的日本脱出記&雑記

ベトナムの日系紙オムツの値段と質感サイズ比較 日本製とベトナム製

海外での子育てとなると、様々な育児用品が気になります。その中でも消耗が激しくかさばるオムツは日本から全て持ち運ぶことはできません。かならず現地購入の際に迷うことになるでしょう。

ベトナムのスーパーに行くと、数々のオムツが売っています。中でも日本製は人気が高く、ベトナムの1パック200,000~300,000VNDに対して400,000VND以上と割高です。日本では平均1300円で買えていたので少々痛いなぁと思いました。

今回はオムツの種類、製造元、一枚当たりの値段、特徴などをレポートします。

 

 

ベトナムのムーニー

f:id:heath911:20180807175901j:plain

 商品名は「Bobby」です。日本でMoonyを生産しているユニ・チャームが、ベトナムでダイアナ社を買収して生産しているブランドです。心なしか腰回りのギャザー感が似ている気がします。パンパースに比べてくびれている感じです。

以前、おっとが仕事で工場内に立ち入ったことがあるようですが、清潔に生産されていたと信頼をおいていました。ただし、ムーニーと比べていくつか難点が。

①まず、全体に紙感!あ、「紙オムツ」ってこういうことか。と感じる平坦でパリパリした感じ。でも決して吸収しないとか破れそうなんてことではないのです。
②あとテープの部分がかなり接着力が強く、服にひっかかるととれにくいのです。
③そして日本のムーニー同様やや小さめ。うちの娘はまだ7Kg台なのですがMサイズはもうハイレグのキツキツで、あわててパンパースを買いに行きました。

 

ベトナム語でテープとパンツは?

スーパーで在庫を確認したい時や、ベビーシッターに指示したいときにも必要になるオムツの種類の言い分け方です。

まず、オムツは「bỉm」ビム(またはビン)です

テープは「 tã dán 」ターザンと発音しましょう。
続いてパンツは「 tã quần」タークワンと発音します。大人のズボンも「クワン」といいます。まさにPantsですね。

店頭で質問してみる場合、「Co bim bobby ta dan khong?」(コー・ビム・ボビー・」ター・ザン・コン?)だと通じると思います。

ちなみに「おむつ替え」は、「thay tã」(タイター)です。おむつ交換台はイオンモールやホテルにありますが、ほどんどのビルや飲食店ではありません。こっそり座席でやっている人が多いです。

 

 

 それぞれの特徴

日本製メリーズ

f:id:heath911:20180804125225j:plain

 1パック450,000VNDです。(約2250円) Mサイズなら64枚入り

これはセール価格ではなく定価の場合。輸入品だと思いますがワンポイントベトナム語のシールがありますね。値段は日本より高いです。

 

日本製ムーニー

f:id:heath911:20180804125815j:plain

1パック474,000VNDです。(約2370円)  Mサイズ64枚入り

こちらも輸入品。私はこれを日本で愛用していたので手が届かず残念です。

 

日本製パンパース

f:id:heath911:20180804130313j:plain

1パック339,000VNDです。(約1700円)  Mサイズなら48枚入り

こちらも輸入品。なんと意外と安いです。しかも高級路線のほうのパンパースです。

ここからベトナム現地生産のものです↓

 

ベトナム製パンパース

f:id:heath911:20180808011019j:plain

1パック284,000VNDです。(約1420円) Mサイズなら66枚入り

輸入品と比べると一気に安くなった感じですね。

 

ベトナム製ボビー

f:id:heath911:20180808011531j:plain

1パック203,000VNDです。(約1015円) Mサイズなら48枚入り

ユニ・チャームの安心感と良心的な価格で人気です。

 

ベトナム製ボビー Extra soft dry

f:id:heath911:20180808013332j:plain

1パック172,000VNDです。(約1015円) Mサイズなら34枚入り

少量の高級路線のボビーです。なんとパンパース(ベトナム製)よりお高いのです。

 

おさらい&1枚あたりの値段比較

ここで、サイズとパックあたりの枚数から単価を計算してみました。

Mサイズ(64枚前後の1パック)テープタイプの、1枚あたりの値段比較です。

 

日本製

  • メリーズ  7,030 VND(約35円)※日本で約21円
  • パンパース 7,060 VND(約35円)※日本で約22円
  • ムーニー  7,460 VND(約37円)※日本で約18円

なんと、日本では一番安かったムーニーがベトナムでは一番高いようです。。。

 

ベトナム製 

  • パンパース 4,300 VND(約21円)
  • ボビー   4,230 VND(約21円)
  • ボビーExtra  5,060 VND(約25円)

 全体的にお得ですが、庶民のボビーも高級路線はパンパースを上回ります。

 

 サイズ感

f:id:heath911:20180808013716j:plain

御覧の通り、パンパースは日本製もベトナム製もユニ・チャーム製品(ムーニーやボビー)より若干のゆったり感があります。

オムツはサイズアップすると割高になるもの。

そこで私が日本で行っていたのは、

ムーニー3000g →→→ ムーニー5000g →→→
ムーニーSサイズ →→ パンパースSサイズ →→
ムーニーMサイズ・・・です。

この流れをベトナム製品で続けるならば、

ムーニーMサイズ →→ 
ボビーMサイズ  →→ パンパースMサイズ →→
ボビーLサイズ・・・

と行きたいところですが、よくパンパースは欠品状態です。

なので仕方なくボビーLサイズとなってしまします。ただ、ボビーの普通のタイプは一晩中交換しなかったら少しかぶれが出ました。
なので夜はお高めの「ボビー Extra soft dry」にして気持ちだけ皮膚を保護してあげます。(うちの子は夜よく寝るので起こすのがかわいそうで・・・と言いつつ親が眠い)
高級路線とはいっても、日本製より安くなるので良しとしましょう。

総括として、他の商品やサービスクオリティに対して、オムツは割と優秀な気がします。また今後、パンツタイプも色々と試していきたいと思います。

 

(よめ)

 

↓ 人気のベトナムブログ、ハノイブログはコチラ

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へにほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ